検索
  • 放浪館管理人

【志塾】第9回 ワークショップ 「DYEING,DOING!泥染め!」を終了

2月のワークショップは泥染め!

泥染めは奄美大島が誇る織物「大島紬」の工程のひとつです。


今回は、その泥染め職人の一人金井志人さんを講師にお迎えしてのスペシャルワークショップです。


泥染めはすべて島にあるものでできるんですね。

①テーチ木(シャリンバイ)→  ②石灰液     →   ③そして泥

という植物を煮出した汁


テーチ木の汁と泥の鉄分が化学反応をおこしてどんどん黒くなっていくというわけなのですが、金井先生はそんなことよりもまず、染めるということを楽しさを味わって!

ということで、お家から持ってきた布や服、バックをどんどん染めていこー!


さすが、志塾生は地元龍郷の子も多く泥染めが初めてじゃないという感じがバシバシ伝わってきます!


でもやっぱり、女子が繊細な模様を作ったりしていますね。

布以外にも、さんごとかペン立てとかいろいろ染めてみました。

けん玉を染めてみていた乃衣!おもしろいね~。


そうこうしているうちに、、虹~!!

も出たりして、、たくさん染め上がりました。


最後はみんなで、染まったど~~~

寒くて手が冷たくなったけど、いいお天気、良い染日和でした。


大島紬は今もこうやって、染めて髪の毛のような黒さにした糸で織っています。

先染め手織りというのは非常に手間のかかる作業なんですね。


この島でしか作ることができない大島紬、大人になって島を出ても誇り思ってほしいなあ。


Spcial thanks

金井工芸 http://www.kanaikougei.com/


51回の閲覧

最新記事

すべて表示