検索
  • 放浪館管理人

【志塾】シマのもののけを感じよう!

7/11、第4回目の放浪館志塾ワークショップが行われました。


今回のテーマは「シマのもののけを感じよう!」


それはどういうことか、、という説明よりも

まず、講師のご紹介を致します。


画家・絵本作家の ミロコマチコ先生!!

塾生の吉永実冬さんが先生を紹介してくれています。


大胆なタッチと鮮やかな色遣い、でも近寄りがたくはない

親しみのあるそんな絵を描いておられるとても人気の方です。

近年、奄美大島に移住され精力的に絵を描かれています。


放浪館にはミロコさんの絵もたくさん飾られています。


ということで、シマのもののけを感じるままに描いてみようと思います。


さあ放浪館の庭に広げられたブルーシートには透明の塩ビシートがおいてあります。

※今日はミロコさんを撮影に来られたクルーもおります。

ミロコ先生の説明は、聞くより見る!


まず、夜をぶちまける!!!!


塩ビシートにアクリル絵具の「黒、青、緑」を適当に垂らしていきます。

あとは体を使って夜を描きます。


先生の模範演技↓


先生の大胆さを見て、スイッチが入る子供たち↓


夜が出来上がったら、今度は手に金や銀などの絵具をつけて散らします。

そして、金と銀の絵具を手に付けて、パッと広げたら星のような模様が広がります。


出来上がった夜がこちら。 すごくいい!


ここで、熱中症対策のアイスタイム!!


少しクールダウンしましたら、次は”もののけ”を作っていきますよー!

ミロコ先生が、ご自身のアートを制作中に出たアクリル絵の具とりどりの塩ビシート端切れをいろんな形に切って思いつくままに並べてみると、面白い形の生き物ができました。


さあ、みんなも作ってみよう。班ごとに一体のもののけを作ってみます。

楽しいもののけが沢山出来上がってきた!

午前中はここまで。


------


ここでいったんお昼休憩です。


みんなのお弁当美味しそうです。


お弁当を食べた後も、きゃっきゃっと楽しく遊んでいます。


しっかり休憩取れたら、午後の部スタートです。


午後は、午前中に班ごとにもののけを作りましたが、午後は個人で作ってみます。




見たことがない色や形を組み合わせて、すばらしい作品が次々と出来上がっていきます。

みんなが全集中して作品を制作していると、、、雨が降ってきた!!


作品を駐車場に避難をさせて最後の仕上げを行っていきます。

作品完成は夜の部分が乾いて、子供たちの”もののけ”を貼ってからになります。


最後に、ミロコ先生に自分のもののけを説明することども達。誇らしそうです。


帰る前に、みんなでパチリ。楽しかったね~~!


後日、完成した作品を放浪館内に設置しました。

素晴しいものが出来上がりました。

先生たちも見とれていました。

ずーっと見ていられるねえ。となかなかこの作品の前を離れられません。


裏から見ると本当の奄美の森みたいに見えるんですよ。

8月末まで展示してありますのでどうぞ実際に目にしてください。

267回の閲覧

最新記事

すべて表示